サンプル秋山礼子 先生、そこは僕の机の角です… 第2話

いつもと変わらない放課後の風景の中、違ったのは先生の方だった…。三十路痴女の秋山礼子先生は毎回、授業が終わる度に僕を居残りさせ、話をしてくる。黒く光るパンストに際どいラインにまで裂けたマイクロミニスカートを見せつけながら脚を組む姿は僕を挑発しているようにしか見えない。僕の股間はそれに反応してあっという間にパンパンになりはち切れそうだ。堪らず僕は先生の肌に触れ熱くなったオマンコに指を入れる。ズブッと素直に咥え込みドロッとした愛液を垂らすオマンコに僕は夢中になる…!是非ご覧ください!