サンプル小松千春 永遠 第二話

期間限定公開!!翌朝、彼は「何か困ったらこいつに言え」と男を1人置いて家を出ていった。「なるべく早く帰る」と口では言っていたが、そう話す彼の瞳は「もう帰ってこない」と語っていた。わかっていながら待つ辛さ。毎晩のオナニーでは到底身体が満たされることはなかった。欠けた破片を埋めたいと思った小松千春さんは「なんでもします」という男に強引に自分を抱かせることにした。「そういう意味じゃないです」と言う男に「いいから!」と胸を揉ませマンコをクンニさせる。勃起したチンコを咥えバックから挿入!モザイク作品ですが興奮出来