サンプル[個人撮影]超絶美人との思い出のせっくす。しこしこぺろぺろが気持ち良すぎて。。中出し…[完結その1]

彼女との思い出となるせっくすです。正直、なんでこんなにも盛り上がってたんだろって思うぐらいに盛り上がっていました。第一印象でケバイなぁーって思ってたのとふぇらちおしてくれたのがあまりにもギャップがありすぎてなんでしょうか。完全な偏見ですが…ケバイ娘はふぇらちおが大好きで自分の中に一回入れたチンポだって舐めるぐらい大好きで精子は当たり前に飲むきつめに吸い込んでじゅぽじゅぽって音を立て激しくフェラするもんだって思っていたのが拍子抜けで…それが可愛いなとか愛おしいななんて間違いを生んだのだとよくジェットコースターやお化け屋敷に女の子と行くと恐怖のドキドキがこのヒトのこと好きなのかもなんてドキドキにすり替わるみたいな彼女もそれに気づいていてやってたらコワイです。せっくすだってゴムを付けなかったのは初めてだっていうし…ここに書いていてやっぱり作戦だったのかも。怖とにかく最後となるずっこり中出しせっくすです。余談ですが…?さめたきっかけは一緒にねた朝のすっぴんがやっぱり気持ちの薄れとともにきつかった余談ですが…?僕がずっこりってことばをよく普段から使うのですが、仲良くしている女の子に伝染して「今日は仕事がずっこり忙しくて疲れた~」って聞いたときにずっこりって言葉を使うのをやめようってぐらい引きました。笑僕の中のずっこりって中出しに匹敵するぐらいの最上級または中出しって意味で男が使う言葉なんです。それでいくとふぇらちお好きの僕にとってふぇらちおすべてがずっこりなんですよね。照


コメントを残す